髪と頭皮のスペシャルケアで、乱れたヘアサイクルを整える

髪も、肌と同じように、見た目年齢を左右する大きな要素です。

 

艶のないパサパサの髪、ボリュームのないぺったりした髪形では、老けて見られること、間違い無し・・・

 

とはいえ、肌に比べて髪の毛のお手入れってかなりおろそかにしている人が大半です。

 

毎日のシャンプーを適当に・・・

 

これが多いですよね。

 

よくて、シャンプー選びをしているというのがオチです。

 

しっかりと毎日のシャンプーをミアのして、手軽にできるスペシャルケアを取り入れる。

 

それが、艷やかな髪を取り戻す第一歩です。

 

<髪がぱさつく原因は?>

 

頭皮の皮脂は、毛根に栄養やうるおいを与えます。
しかし女性の場合、35歳ごろをピークに、頭皮の皮脂の分泌量が減少し、髪に栄養やうるおいが行き渡らなくなります。

 

髪を保護するキューティクルもはがれやすくなることで、カラーリング剤の刺激や紫外線などのダメージも受けやすくなり、さらに髪がぱさつく悪循環に。。。

髪と肌と同じように老化するあなたのずさんな方法

髪の毛の悩み

 

髪の老化

 

って言われると、すぐ白髪?を思い浮かべませんか?

 

実は、それだけではないんです!

 

年齢とともに髪の質が変わって、艶やボリュームを失うので、毎日のケアがほんと体質です。

 

肌はしているのに、髪のお手入れはしていない・・・

 

こういう人がほんと多いです。

 

髪の生まれ変わりサイクルは30代以降、一気に乱れる

 

  • 髪の根元がボリュームダウンして頭皮が目立ってきた・・・
  • パサツイて、艶やコシがない
  • 白髪が目立つようになってきた

 

これは、30代に入った女性の多くが経験すること。

 

髪の老化

 

を如実に実感します。

 

生えては抜け落ちるという髪のライフサイクルを繰り返しています。

 

しかし、このサイクルは、20代をピークに、30代に入ってからは、乱れはじめ、健康な髪は生えにくくなります。

 

さらに加齢により女性ホルモンの分泌量が減少すると、髪に栄養が行き渡らなくなって、ボリュームダウンやパサツキなどの悩みが出てきます。

 

ちょうど肌細胞の新陳代謝が年齢とともに低下し、シミやシワが現れるのと同じように、髪の量や質も確実に変わってきます。

 

髪と地肌のケアをするだけで、見た目は一気に変わる!

 

髪の状態は、毎日の生活習慣が左右します。
そして、年齢を重ねるほど個人差が広がる傾向にもあります。

 

NG習慣をしっかりとやめて、すぐに見直しをしましょう。

 

老化が加速する、こんな習慣やっていませんか?

 

□ ブラッシングしない
□ しっかり乾かさないでそのまま寝る
□ ドライヤーで乾かしすぎている
□ 美容室でカットを3ヶ月以上していない・・・
□ シャンプーはするけど、トリートメントはしない
□ いつも髪をきつくゴムなどで縛っている
□ 自分で枝毛を切っている

頭皮も気分スッキリ!おうちでできるヘッドスパとは

皮は髪の土台です。

 

その頭皮を洗浄&マッサージする「ヘッドスパ」は、頭皮から健康な髪を育て、爽快感が得られます。

 

美容院でヘッドスパ、マッサージするところ多いですよね!

 

そういう意味があります。

 

今回は、オリーブオイルと緑茶を使って、自宅で簡単にできるヘッドスパをご紹介します。

 

ステップ1:オリーブオイルで頭皮クレンジング

 

オリーブオイルを頭皮全体に刷り込む

 

手の平にオリーブオイルを500円玉大たらし、指に少しzつとりながら頭皮になじませます。

 

生え際から頭頂部に向かって頭全体にすり込むように。

 

センター、両目の上、両目じりの上の5本線を下から上へ刺激します。

 

オイルは手のひらで温めることで頭皮になじみやすくなります。

 

頭皮がオイリーの人、髪が細い人はオイルを少なめにしましょう。

 

頭皮全体をマッサージ

 

頭皮は目の使いすぎやストレスなどで、緊張してこり固まってしまいます。

 

頭皮全体を、額の生え際から頭頂部、後頭部、首すじまで、髪を手ぐしですくようにしながら、指の腹でマッサージします。

 

これを3~5回繰り返して、オイル全体を馴染ませます。

 

こりをほぐし「ぼんのくぼ」を押す

 

頭皮をぐりぐりと指の腹で押しながらほぐします。

 

耳のまわりはとくにこりやすい場所です。

 

親指以外の指を頭皮に当てて支えにし、親指の腹で、耳の上から耳たぶの後ろのくぼみまでをほぐします。

 

そして、後頭部と首の境目の少しくぼんだ部分「ぼんのくぼ」をプッシュ。

 

筋肉の緊張がとれ、リンパの流れも促すことで、顔のむくみを取る効果もあります。

 

ホットタオルで包みます

 

マッサージが終わったら、ホットタオルを巻いて5分ほど蒸らします。

 

ホットタオルを厚めのお湯でぬらして水けを絞ったものでもよいですし、水に浸して絞ったタオルを電子レンジで1分ほど温めたものでもOKです。

 

取り出すときは、やけどに注意しましょう。

 

ステップ2:シャンプー&緑茶ピーリング

 

予洗い&一度目のシャンプー

 

頭皮をふやかすように2~3分かけてじっくりとシャワーを当てます。

 

頭頂部から湯を回しかけるようにして、オイルのぬめりを取ります。

 

その後、手のひらで泡立てたシャンプーで、頭皮をマッサージしながら洗います。

 

オイルで泡立ちが悪く感じられますが、頭皮の汚れをもみ出すようにしっかりと洗いましょう。

 

緑茶を注ぐ&毛先に浸す

 

ペットボトルに入れておいた緑茶の半量を頭頂部から頭皮全体へと流し、軽くマッサージします。

 

そして残りの緑茶を洗面器に入れ、毛先を浸してかるく揉みながらじっくり浸透させます。

 

髪がキシキシしてきますが、これがカテキンで髪がピーリングされている証拠です。

 

軽めに2度目のシャンプー

 

2度目は軽く洗えば大丈夫です。

 

しっかりシャンプーを泡立てて、やさしく頭皮を洗います。

 

毛先中心にトリートメントをつけて洗い流し、頭皮にドライヤーの風邪を当てるようにして乾燥させます。

 

<用意するもの>

 

◯オリーブオイル
ビタミンEやおいレンさんが豊富で、細胞の老化(酸化)を防ぎます。

 

オイルのなかでも人間の皮脂に近いとされ、なじみやすいのが特徴です。

 

頭皮に栄養分を与えながら皮脂汚れも浮かします。

 

調理用に使っているものでも大丈夫です。

 

◯緑茶&ペットボトル

 

緑茶成分の「カテキン」には、はがれかけたキューティクルを取り除くピーリング効果があります。

 

効果を得るため、お茶は必ず茶葉でいれます。

 

500mlほど用意して、少し冷ましてから、ペットボトルに入れます。

根元がふわっと立ち上がる!薄毛カバーのブロー術

髪を乾かすブロー

 

ブローをしてもすぐに頭頂部がペチャンコになって、なんだか老けて見える・・・

 

こんな悩みを抱えている人は多いのでは。

 

そんな人でもブローのちょっとしたコツを掴むと、すぐに髪のボリュームアップを実現できます。

 

まずタオルドライをしっかり

 

シャンプー後はタオルで水分をしっかりと取ることが基本です。

 

ドライヤーだけで乾かそうとすると、髪の負担になります。

 

シャンプー後は毛束をタオルではさみ、ポンポンとたたいて水分をタオルに吸い取らせましょう。

 

タオルでゴシゴシこすると、髪の艶を守るキューティクルがはがれ、切れ毛やパサツキの原因になります。

 

髪の内側に温風を送る

 

前髪やサイドの髪は、髪を持ち上げ、髪の内側を乾かすようなイメージでドライヤーの温風を当てます。

 

頭皮が熱くなりすぎないように、ドライヤーは髪から10cmほど離して使いましょう。

 

後頭部は頭を下げて風を送る

 

後頭部の髪を乾かすときは、頭をぐっと下げ、毛先から頭頂部に向かって、順にドライヤーの温風を当てます。

 

頭頂部を持ち上げながらドライヤーを当てる

 

髪全体が半乾きになったら、とくにボリュームダウンしやすい頭頂部の髪を上にかるく引っ張り、根元にドライヤーの温風を当てます。

 

ドライヤーをはずして3秒キープ

 

髪は温められてから冷えるときに形が作られるので、ドライヤーをはずして3秒間はそのままキープ。

 

この一手間が、根元をふんわりとボリュームアップさせるコツです。

 

朝ブローするときも4.5をします。

 

時間がないときは・・・

 

スタイリングする時間がないあさは、面ファスナーのような細かい突起がついたタイプのカーラー「マジックカーラー」が便利です。
ボリュームを出したい部分にハード系のスプレーをつけてマジックカーラーを巻き、15分ほどキープします。

 

そのまま食事やメイクもOKです。
スタイリング剤は、髪のボリュームを抑えてしまう重めのワックスより、スプレータイプがオススメです。