美人髪になりたい!オンナの頭皮ケア最前線

目指したいのは、ツヤ髪。

 

サラサラ

ふさふさ

ツヤツヤ

 

髪のため、今、自分でできること

 

ハリ、艶がなくなるなど、髪質の劣化。
そのままにしておくと、今や600万人とも言われる薄毛に悩む女性の仲間入りをしてしまいます。

 

改善のためにはどんなことをすれば良いのか、ご紹介します。

地道に頭皮環境を改善する

頭皮マッサージ

 

重要なのは、頭皮!
血流をよくする努力をしましょう

 

髪の悩み中でも、一番深刻なのが、薄毛です。

 

女性の薄毛は、

 

  • 加齢
  • ホルモンバランス
  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 過度なダイエット
  • 間違った頭皮ケア

 

などが影響しています。

 

しかも、男性とは違って、女性の場合は、はっきりと原因を断定できません。

 

そのため、なかなか有効な対策がとれません。

 

髪には、

 

成長期
 ↓
退行期
 ↓
休止期

 

というヘアサイクルがあります。

 

このサイクルが正常な場合は、髪は抜けてもまた生えてきます。

 

でも、それは、頭皮環境が整っていることが前提です。

 

髪は、十分な栄養が行き渡らないと細胞分裂が正常に行われなくなってしまって、しっかりと育ちません。

 

そして、その細胞に栄養を運ぶ役割を果たすのが、血液です。

 

なので、一番に、血流の流れを良くすることが大切になります。

 

1.頭皮が汚れいてる
2.毛穴に皮脂が詰まっている
3.保湿が十分ではない

 

この3つも頭皮の負担になります。

 

頭皮を清潔に保ち、適度に保湿することも頭皮環境をよくするポイントになります。

 

女性は、一般に加齢とともに、頭皮の分泌量が減っていきます。

 

同時に、40歳すぎたあたりから、加齢臭がちょっとしてきます。

 

加齢臭の多くは、頭皮から匂います。

 

本人が気付いてない、というケースも結構あります。

 

よぼどひどい乾燥肌でない限りは、毎日洗った方が良いでしょう。

 

シャンプーは、髪ではなく、頭皮を洗う!

 

この意識をしっかりと持って、頭皮を指の腹で優しくしっかりと洗いましょう。

 

最後に、シャンプー剤はしっかりと洗い流すことです。

 

洗髪後に濡れたままでいると細菌が繁殖しやすいので、しっかりとドライヤー、またはタオルで頭皮まで乾かしましょう。

特別な何かよりも、毎日の地道なケアが近道

よくシャンプー選びで悩む人がいますが、

 

かゆみ

かぶれ

フケなどが出ない

シャンプー語に心地良くいられる

 

こういったものであれば、それほど悩む事もありません。
それよりも、ただ間日適当に洗うよりも、しっかりと洗いましょう。

 

アミノ酸系をはじめ、マイルドな成分を使ってみるのもオススメです。

 

市販の育毛剤は、医薬品として発毛効果が認められているのは、「ミノキシジル」という成分のみです。

 

これは、クリニックでも処方されています。

 

この成分が配合された育毛剤を使いましょう。
最低、半年は使い続けないと意味がありません。

 

あと、気をつけたいのが、紫外線です。

 

紫外線を浴びると頭皮が乾燥するだけでなく、体内に活性酸素が発生し、育毛にも悪影響を及ぼします。

 

今年は、例年よりも暑いので、帽子をかぶったり、日傘などで頭皮の紫外線対策をしましょう。

 

<休止期の延長と成長期の短縮が薄毛の原因>

 

薄毛要因1:休止期の延長

 

休止期が延長すると、毛髪が抜けた後、次の毛髪が映えるまでに時間がかかるため、結果的に本数が減少してしまいます。

 

薄毛要因2:成長期の短縮

 

成長期が短縮すると、毛髪が太く成長する前に退行期に移行するため、産毛化して、毛髪本数が同じでも薄く見えます。

 

休止期の延長と成長期の短縮が同時に起こることもありあす。

 

これを防ぐためには、血流を確保することが大切です。

食生活の改善!タンパク質が重要、白髪予防にはミネラル類

食生活

 

育毛のためには、毛根部への十分な栄養も必要です。
欠かせないのは、やはり髪の成分であるタンパク質です。

 

不足すると抜け毛の原因になることもあるため、大豆などの植物性タンパク質だけでなく、肉や魚などの動物性タンパク質も合わせて取りましょう。

 

他に必要なのは、髪質を守るる亜鉛や鉄分、メラニン色素の合成に欠かせない銅などのミネラル類です。

 

ビタミンB群やビオチンも重要です。

 

体内の活性酸素を減らすことも薄毛予防につながります。
抗酸化成分の摂取にも有効です。

 

βカロチン、ビタミンC・Eのほかに、トマトに含まれるリコピン、緑茶のカテキン、ベリー類に含まれるアントシアニン、大豆のイソフラボン、ごまに含まれるゴマリグナンなどです。

 

また、肉中心の欧米型の食生活が当たり前になった現代人には、脂質のとりすぎ、という問題もあります。

 

糖質のとりすぎは、エネルギーの過剰摂取につながり、肥満や動脈硬化を招きます。
体内の血流が悪くなれば当然頭皮の血流も悪くなるので、できるだけ和の食材(豆、ごま、わかめなどの海藻・野菜・魚)などを中心にしたヘルシーな食生活を心がけましょう。

 

<病気が原因で起こる白髪>

 

◯胃腸が弱い
◯貧血がある
◯甲状腺疾患がある
◯円形脱毛症がある

 

まれに、病気が原因で白髪になることがあります。
なかでも、上記に該当する人は、ちょっと注意しましょう。

 

あまりにも急激に白髪が増えた、若いのにすごく白髪が多いという人は、病気が隠れていないか確認した方が良いでしょう。

 

また、円形脱毛症が治って再び髪が生えてくるとき、最初は白髪が多いです。

 

そのため、円形脱毛症を繰り返しているうちに、結果として白髪が増えてしまうこともあります。

これからの髪の予防も含めて生活スタイルを改善する!

睡眠

 

育毛とは、すでに生えている髪にではなく、これから生えてくる髪に何ができるのか、考える、ということです。

 

バランスよく栄養をとる、冷え性の人は冷えを解消して血流と代謝をよくする、タバコをやめる、など体の内側のケアも大切です。

 

あと、忘れてはいけないのが、睡眠、です。

 

髪が最も成長するのが、22時?深夜2時の間と言われています。

 

遅くとも、24時までには眠りの体制に入りましょう。

 

基本の睡眠時間:6?8時間

 

睡眠不足が続くと、細胞分裂の機能が低下したり頭皮の血流が悪くなったりするので、髪の成長にはマイナスの影響が出ます。

 

ほかに、ストレスをためないこと、有酸素運動を取り入れることも重要です。

 

週に3?5回。

 

少し汗ばむくらいの速度で20分程度のウォーキングがベストです。

 

もちろん、ウォーキング以外に、ランニング、筋トレ、自転車などもオススメです。

 

美髪は、あくまでも健康の延長線上にあるものです。

 

毎日の自分の習慣を見直してバランスのとれた生活を目指せば、今よりももっと美しい髪をキープできるはずです。

 

毛母細胞の活性化がカギ!

 

髪質の劣化は、毛根の血流と関係があります。

 

毛根がしっかりしていれば、その先端にある毛母細胞に酸素や栄養が行き渡り、いずれ髪が生えてきます。

 

いい髪が生える生えるかどうか、その毛根の状態次第です。

 

頭皮の状態を良好に保ち、体全体の健康を考えた食事や規則正しい生活が大切です。

 

運動不足などで毛細血管の働きが鈍っている人は、毛母細胞も活性を失っている可能性があります。

 

>>アスタリフトシャンプーの口コミを見る